ちょっとの手間であなたの愛車の価値が変わります
本当の価値を知りたいならコレをチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの愛車は今いくら?全国200社の買取店ネットワークが回答します!!

結論から言ってしまえば、コストパフォーマンスが良いのは新車です。
しかし、どちらにもメリットやデメリットがあります。
あなたが車を購入する場合は、どちらのほうが良いのでしょう。
メリットやデメリットを紹介します。

新車のメリット

新車購入のメリットは、自分の好みの自動車を購入できるところです。
車種はもちろんのこと、色や装備もすべて自分の好み通りにできます。
装備品については、ディーラーオプションと言われる、ディーラー取り付けのオプションであれば、購入時でなくても付けれます。
しかし、メーカーオプションはそうは行きません。
例えば、サンルーフです。
それは、新車時に付けてもらわなくては、あとづけできないパーツの一つです。
また、保証面でも中古車よりは長いです。
もちろん、中古車の年式にもよりますが、新車はパーツにもよりますが5年間・5万キロの保証が付いています。
新車購入時に営業の人と知り合いになれるので、購入した後に車で気になる所があれば、相談できるのも良いですね。
また、現行で販売している車種ですので、機能面でも最新の機能が付いているものが購入できます。

中古車のメリット

中古車は欲しいと思っている車種があるなら、探す手間がかかります。
また、前の人がどんな運転をしていたかはわかりませんので、車の状態は正確には把握できません。
走ることには問題なくても、しっかりメンテをしていなかったために、予想以上にエンジンは傷んでいるかもしれません。
しかし、そういったことを気にしなければ、コストパフォーマンスはとても良いです。
購入する年式・車種にもよりますが、基本的には新車登録から10年まで乗るとしても、費用・維持費は安くなる場合が多いです。
8年落ちで車検満タンの車を50万で購入して、2年で乗り換えて行く場合、2年毎に50万かかります。
新車で250万として10年目までに車検は4回あります。
そうなると、車検代10万でも、その間のタイヤなどの消耗品を入れれば10年で300万以上です。
中古車は、上記の例だと車検を受けることは無いので10年間で250万です。
2年毎の買い替えは、タイヤは購入する必要があるかどうかは、購入した車に付いているタイヤ次第になります。
それでも、中古車のほうがコストパフォーマンスは良さそうですね。
車を探す大変さはありますが、2年毎の入れ替えは、飽きが来る前に入れ替えていくので新鮮味がありますよね。

結局のところどっち?

結局のところ、好みの問題というのもあります。
10年で50万ぐらい差がでると言っても、最大にコストパフォーマンスを追求すればです。
新車に比べると、故障する回数が多いリスクも高いです。
差がないとは言いませんが、新車に乗りたいのに、無理して中古車というようなことを繰り返していくほどの。
新車での購入は、やはり愛着が違います。
そういった点も踏まえて、満足行く車を購入しましょう。

ちょっとの手間であなたの愛車の価値が変わります
本当の価値を知りたいならコレをチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの愛車は今いくら?全国200社の買取店ネットワークが回答します!!