ちょっとの手間であなたの愛車の価値が変わります
本当の価値を知りたいならコレをチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの愛車は今いくら?全国200社の買取店ネットワークが回答します!!

査定時に、ヘッドライトというのは結構しっかりチェックされます。
保安部品で、車検に通るかどうかもあるので、当然といえば当然です。
そのヘッドライトは、どういった所がチェックされるのでしょうか。

キズや破損はないか

ヘッドライトは車の中でも、状態が見やすい部分です。
キズや破損がないかは、しっかりチェックされます。
理由としては、ヘッドライトが破損しているということは、事故を起こしている車かもしれないからです。
普通に事故なく載っている場合、ヘッドライトというのはそうそう壊すものではありません。
実際、簡単に壊れちゃうようなものだったら、怖くて夜乗れないですよね。
なので、そこが壊れているとなると、事故を疑われます。

光量に影響するキズや黄ばみはないか

ヘッドライトのカバーは、経年劣化して透明度が無くなってきます。
劣化する一番の原因は、太陽光に含まれる紫外線です。
それが、プラスチック部品を劣化せせて、黄ばみを発生させます。
また、普通に扱っていれば、光量に影響するほど傷がつくこともありませんが、光量に影響するほどのキズが付いている場合にも査定に影響がある場合があります。
どの程度がと言う話になりますが、まずは車検に対応しうる光量を確保できていることです。
黄ばみが進むと、かなり光量が減ってきます。
最終的には車検に通らないこともありえるのです。
そうなってくると、買い取りした業者は、自分のところで部品交換や磨きをする必要が出てきます。
そのため、業者がかかる費用が増える分、査定額を下げられる可能性があるのです。

パーツは純正品かどうか

社外品のHIDなどを使っている人もいます。
最近は昔から比べて、安価なユニットも多くなってきました。
手軽に交換できるのは良いのですが、社外品は粗悪なものも多く、買取業者としては気にするところです。
有名メーカーのものであれば、査定にプラスされる場合もあります。
しかし、上記の理由から、査定に影響がないかマイナス査定になることが多いです。
社外品をつけていて純正品を取っておいてあるのであれば、査定時に純正品があることを伝えたほうが良いでしょう。

ちょっとの手間であなたの愛車の価値が変わります
本当の価値を知りたいならコレをチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの愛車は今いくら?全国200社の買取店ネットワークが回答します!!