ちょっとの手間であなたの愛車の価値が変わります
本当の価値を知りたいならコレをチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの愛車は今いくら?全国200社の買取店ネットワークが回答します!!

車のバッテリーが上がっている場合、そのまま査定を受けるのはどうなんでしょうか?
不利になることはあるのかが気になるところです。
しかし、そんな心配はする必要ありませんよ!
買取業者もその辺りは慣れたものです。
 

故障が無ければ問題なし!

バッテリーが上がってエンジンがかからなくても、ジャンパーケーブルを接続すればきっちりエンジンが掛かって自走できるなら問題ありません。
強いて言うのであれば、バッテリーが上がって長期放置していたとなると、しばらくエンジンをかけていないので、そのせいで故障していることがあります。
エンジンがかからないとなると、査定すらしてもらえない場合も考えられます。
 
長期放置では、エンジンより他の部分が傷んでいることが多いです。
特にゴムで出来ている部分は要注意!
タイヤはもちろん、パッキン類やゴムホースが傷んでいるという話をよく聞きます。
 
長期放置していたわけではなく、査定時にたまたまバッテリーが上がっていた場合や、最近まで使っていた場合は問題ないでしょう。
バッテリー自体が査定に影響する事は、ほぼありません。
中古車業者には、車のオークションがありますが、オークションの際にはバッテリーが上がっていてエンジンがかからないなんてことは日常茶飯事ですから。
 

バッテリーが気になるのであれば

査定時にエンジンがかからなくて、焦るのは嫌だと思います。
出来れば、査定の前日に一度エンジンをかけてみてはどうでしょうか。
ガソリンが十分に入っているのであれば、30分程度エンジンをかけっぱなしにしておいたほうが良いですね。
 

すでにバッテリーが上がっている場合

近くの買取業者に持ち込むのは無理ですよね。
そういう場合は、出張査定を利用しましょう。
前もってバッテリーが上がっていることを伝えておけば、それなりの準備をして査定にきてくれます。
出張査定先は、一括見積もりサイトなどを利用すれば、すぐに見つけることが出来ますよ!
 

ちょっとの手間であなたの愛車の価値が変わります
本当の価値を知りたいならコレをチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの愛車は今いくら?全国200社の買取店ネットワークが回答します!!